変動型金利の特徴

金利は半年おき、月々の返済金額は5年おきに改定されることが変動型金利の特徴です。

返済金額の増額は、1.25倍を超えないということにはなっています。

今後収入が増える見込みがあるという人や、子育てが一段落するなどして家計に余裕が出るだろう人は、変動金利型でも問題はないでしょう。

全期間固定型のように、住宅購入したときの金利は高めだが返済終了まで金利が固定されるタイプもあります。

固定金利では最後まで金利が同じなので、確実な返済プランが立てられます。

将来の計画がつくりやすくなるので、生活にどのくらい余裕ができ、子育てにどのくらいお金が使えるかもわかります。

住宅購入でローンを組む場合には自分の将来のプランなどを考慮しながら選択するようにしましょう。