外国為替証拠金取引(FX)に関して見てみます

外国為替市場であるFX(外国為替証拠金取引)について、分析してみましょう。

外国為替証拠金取引(FX)とは、二つの国の貨幣を取引をして差額の利益を得るというやり方です。

これら両国の貨幣の中で発生する儲けをスワップ金利をいうのです。

このスワップ金利というのは本当はスワップポイントというとのことです。

FXのスワップ金利(スワップポイント)は、毎日受け取れますけれども、日ごとの相場の動き方次第で変わってくるようです。

こういったFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利をもらうことを目的に、外国為替証拠金取引の為替の取引をするみなさんもたくさんいます。

スワップ金利は、そのFX業者それぞれで違いがあるためできるだけスワップポイントが高いFX業者でトレードしたい所ですよね。

けれども、スワップ金利(スワップポイント)は為替のレートが動くと一緒に動くので用心してください。

さらに為替取引をする際はチャートを読める力が必要になっています。

この図表を読み取れると、為替相場の動き方を理解する可能となるとのことです。

外国の為替に慣れない人が見た時いったい何のグラフですか?のようにわからないと感じてしまうかと思いますが要点を知っていれば図を理解する事が出来るようになるのです。

円が上がるだろう又は下降するだろうというように今が最も円安になるとこのグラフによって判断する事が出来て、為替の取引をする際には大いに大切なネタとなるのです。

ここで言う図は日本の場合はローソク足が使われるのが通常で名前通りローソクの形をした図表で作られています。

そのようなローソク足では、高値か安値かつ終値・始値などを表現していて図表においていろいろな形状となります。